厳島神社(宮島)と大頭神社に行ってすごく良かった話【厳島神社編】

宮島・厳島神社 不思議体験

11月の3連休中、わざわざ遠くの神社に行きたい病の発作が起きて(笑)四国から広島へ日帰りで行ってきました。

厳島神社(宮島)と大頭神社に行ってすごく良かった話【大頭神社編】
11月の3連休中、わざわざ遠くの神社に行きたい病の発作が起きて(笑)四国から広島へ日帰りで行ってきました。行ってみたいなと思ってる人の役に立つかどうかわからないけど、まずは大頭神社へのアクセスや御朱印も含めて紹介しますね。

大頭神社編に続く形で、厳島神社へのアクセスや御朱印も含めて紹介しますね。

厳島神社へ行くには

フェリーに乗る前に駐車場探し

厳島神社へ行くには宮島へ渡るフェリーに乗る必要があります。って偉そうに言うけど、実際に行くまで私知らなかったの。宮島ってのは半島で、そのまま車で厳島神社に行けると思ってました(^_^;)

宮島へ渡るフェリーに乗るため、大頭神社から宮島口を目指します。その間30~40分くらいだったかな。案外近いというかラッシュも耐えられないほどのもんじゃなくてアッサリ着きました。

フェリー乗り場の駐車場がいっぱいでも、宮島口にはコインパーキングや1回1000円くらいの時間貸し駐車場がたくさんあります。

私たちもすぐに置けたので、劇近じゃないとイヤだ!と贅沢言わなければ、駐車場探しで時間をめちゃめちゃ食うということはなさそう。

ただ、線路をまたいで狭い道を進んだ先、みたいな所が多く、線路を出た先もすぐ交差点だったりして初心者にはしんどいかも。

観光シーズンだと駐車場へ行き来するための人があふれているので、歩行者優先だし通りにくいと感じるかもしれません。

四国の田舎と違って電車も頻繁に来るから遮断機もしょっちゅう降りるしね(^_^;)

フェリーはお手頃価格と十分なキャパ

フェリーは車ごと乗ることもできるんだけど、基本的には郵便配達車か、ごくごく一部の人だけみたいで、車両エリアにはほとんど車が乗ってきません。

みんな車を置いて来たり電車で来た人ばかりなんだけど、連休だからすごい人。

でもね、すぐに乗れなくて次の便、その次の便と延々と待つ…なんて必要はないくらい、フェリーのキャパは十分にあります。乗り場で待ってたたくさんの人が一気に乗れちゃってビックリしました。

フェリーは15分おきくらいに出ていてすごく便利。運賃も大人片道180円、往復360円とリーズナブルでしたよ♪

宮島へ渡るフェリー

船の移動も気持ちいいなぁ~!

フェリーでの移動

宮島に到着して、やっぱり人がいっぱい!

宮島のフェリー乗り場

宮島の鹿さんに要注意

奈良じゃなくても鹿さんがいるのね!と驚きました。

宮島の鹿

ちなみにこの鹿さんがなかなか曲者で、宮島内には屋台とかいっぱいあるんだけど、そこで買ったものを食べ歩いたりしているとストーカーされます。写真の鹿さんも、人からGETしたとうもろこしをくわえてるのわかります?

たくさん寄ってきたり、届かないように食べ物を持った手を上げても背伸びしてくるし、そうすると意外と大きくて迫力あるし、くれるまで結構しつこいです。

怖がって泣いてる子どもたちを何人も見かけたので、お子さんと一緒の人は、買い食いはしない方がいいかもですよ~(^_^;)

厳島神社の大鳥居

鹿さんをまいて神社目指して進んでいると、海面にかの有名な大鳥居が見えてきました。

宮島の大鳥居

景色全体が綺麗で風情がありますね~!

潮がだんだん引いていく時間だったので、もっと満ちてる時間ならなお綺麗だったろうな~と思いつつ、先へ進みました。

厳島神社の入場料

神社だからホントは入場料とは言わなくて、ウェブサイトには昇殿料って書かれているんだけど、それが大人300円

国宝・世界遺産 嚴島神社 【公式サイト】
国宝嚴島神社は、平成8年に世界遺産に登録されました。当社の御祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)と素盞鳴尊(すさのおのみこと)が高天原(たかまのはら)で剣玉の御誓(うけい)をされた時に御出現になった神々で、御皇室の安泰や国家鎮護、また海上の守護神として古くから崇信を受けられた・・・

あんなに広々とした綺麗なお社を満喫できて300円ならめちゃお得ですね。

宝物館拝観料も300円で、共通割引だと500円だそうです。私たちはそこまで時間が取れなくて宝物館はパスしました。

入り口にも人が溢れています。

厳島神社入り口

支払いを済ませて進んで行くと、朱色が本当にどこもかしこも綺麗♪

厳島神社

厳島神社

五重塔もパチリ☆

厳島神社と五重塔

朱色の廊下から大鳥居を撮ります。潮が引くと海には人が満ちるシステムなんだね(*^^*)

厳島神社

厳島神社の御祭神

市杵島姫(いちきしまひめ)・湍津姫(たぎつひめ)・田心姫(たごりひめ)の宗像三女神が祭られている本殿。

宗像三女神て誰?って思った人は、前にこの記事でも書いたけど

古事記のわかりやすいことNo.1!超おすすめ「まんが古事記」
イラストが好みじゃなくて入り込めなかったり、各コマにある解説文が長すぎてテンポよく読めず、内容が頭に入ってなかったり。「やっぱり古事記って難しいのかなぁ…」とせっかくの興味が薄れつつあった時に出会ったのが、まんが古事記でした。

まんが古事記がめっちゃわかりやすくてお勧め。

こういった知識がざっくりとでも頭に入ると、神社参拝がますます楽しくなりますよ♪

とにかく拝殿で二礼二拍手一礼。ここに来られたことと日ごろの感謝をお伝えしました。ゆっくり心をこめて拝んでいたら、お隣の人に肘でゴリゴリ押されてしまいました。人が多いから邪魔だった?ごめんなさい(^人^;)

厳島神社の反橋

いろいろ見て歩いてるとこんな太鼓橋が。

厳島神社の橋

角度キツすぎない?と思って近寄ると、そびえ立つような橋に驚き。

厳島神社の反橋

かつて重要な祭事の際、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったってことだけど、ホントにこんなとこ歩けるのかなぁ…(^_^;)

厳島神社の御朱印

御朱印をもらおうとしたら、あっちへ曲がりこっちへ曲がりしている廊下に沿って整然と並んだすごい行列!

御朱印帳は私しか持ってないし私だけ並ぼうと思ってたら、主人にサッと御朱印帳を取られて「いいよ僕が並ぶから。他をゆっくり見てきてもいいし、どこかで休憩してもいいし、女子2人で楽しんでおいで。」って。

お言葉に甘えて娘と散策していたら、「お母さんはお父さんのあーゆーとこが好き?」って聞かれて「そう、あーゆーとこも好きよ」ってのろけてやりましたとも(*^^*)

そうこうしているウチに主人が戻ってきて、いただいた御朱印がこちら。

厳島神社の御朱印

いいね~!素敵ですね!!ありがとうございます!

夜のドライブで帰路へ

どのお店も人がいっぱいで、私が広島名物の牡蠣を食べられないこともあって、グルメレポートはありません。ごめんなさい(>人<)

出雲での神等去出祭(からさでさい)が終わるまで神様はお留守だったかもしれないけど、そして人がめちゃくちゃ多かったけど、それでも神域の氣は澄んでいて、女神様感をしっかり感じました。

日帰り強行旅行だったけど、大頭神社も厳島神社も本当に行って良かったです♪

厳島神社のマップ、一応貼っておきますね。

美しい月の導きで

四国に向かって帰る間、正面にはずっと綺麗なまあるいお月さま。安全を見守りながら帰り道を誘導してくれてるみたいで、嬉しかったなぁ。

まんまるお月さま

ほんのひととき、月の横に白龍さんのような雲が出ていて、写真は撮れなかったけどすご~く幻想的でした。

帰りの瀬戸大橋で、助手席からパチリ☆

夜の瀬戸大橋

娘が夜、高速を長時間運転するのが初めてだったのでドキドキでしたが、最初の頃からは信じられないほど上手になりましたよ~!

免許取りたて娘の運転練習に付き合って、子育てと一緒と気づいた話。
超あぶなっかしい娘の運転練習に付き合い、ハラハラ・ドキドキの日々。でもその中で「これって子育てそのものと同じ、親の修行じゃない?」って気づいたことがいくつかあるので、それを書いていきます。

まさかのUFO!?

地元まで帰ってきて主人の運転中。あ~楽しかったなぁ~。今日が終わっちゃうのが寂しいなぁ~。なんて思いながらボーっと外を見ていたら…

山の上にこんな感じの光が見えたんです。

山上の不思議な光

画像は私の記憶を元に作成したんだけど、青っぽい色から黄色っぽい色に移り変わりながら、この画像で言うと左から右へ流れるように光って消えたの。

ん?何今の?気のせい?と思って凝視してたらもう一度同じ現象が。

地元だからあの山の頂上付近に建物や道路がないことは知ってるんだけど、なんであんな所にあんな光が?って頭の中がはてなマークだらけ。

どんどん進む車の後部座席から振り返りつつしつこく見てると、今度はまた違った光がパーッと溢れて、歪みながらサッと消えました。

山上にUFO?

ひょっとして月が山の向こうに見え隠れしてただけかな?10時頃の月ってあんな低い位置だっけ?と思ったけど、家に着いて車から降り、空を見ると月は真上に。

他の家族は目撃できてないけど、「気になるね~。そりゃUFOかもね!」って(*^^*)

結局何かはわからないけど、この日の締めにふさわしい不思議現象でした☆

今回わかったことは、片道4時間半までならなんとか日帰りで楽しめるってこと。まあこれも、ドライブ大好き人間だからかも知れないし、神域で浄化してもらえての話かもしれないけどね♪

今回の旅行レポート、ちょっとでも誰かの役に立てたら嬉しいです。
今日も読んでくれてありがとう(^人^)それではまた!

にほんブログ村 子育てブログへ

 

Twitter でコソオワをフォローしよう!

コメント