龍神さまの神社で龍を見てしまったかもしれない話。

徳島県海陽町轟本滝神社 不思議体験

アラフィフというお年頃のせいか、神社仏閣巡りが大好きな私。

特に2016年くらいから不思議体験が急に多くなってきて神さま仏さまを感じるようになり、ますます大好きになりました。

伊勢神宮初参拝へ。それこそが不思議体験の始まりだった…かも。
私の実家は神道だったので私の名前は宮司さんにつけてもらったそうです。なので神社に馴染みが深く「一生に一度はお伊勢さん」のあこがれがありました。念願叶った2016年春分の日に体験したことを書きます。

今日はそんな話のうちのひとつを書きますね。

徳島県海陽町の轟神社参り

私の知人にはいろいろ視えたり感じたりする人が結構いるのですが、その一人がTZさん。得意分野は龍神さんです。

そんな彼のお勧めで徳島県海陽町の轟神社に初めて連れて行ってもらったのはもう、10年以上前のこと。

ここは知る人ぞ知る系の神社らしく、四国の山奥という場所にも関わらず大企業の経営者や大物政治家も参拝するとか。

狭い山道を車で走り、駐車場から徒歩で山道を登ります。季節によっては野生のニホンザルに遭遇するような場所です。

急な石段を息切れしながら登った先にある轟神社本殿(拝殿)にも最初の頃は行っていましたが、最近では龍神さんのホームである轟の滝(轟本滝神社)だけ行くようになりました。

目的は轟の滝(本滝)

こんな御神木を横目に進むと

轟神社御神木

轟本滝神社の鳥居が見えてきます。

鳥居をくぐって行くと荒魂が鎮座するご神体、轟の本滝が。

これまではずっと曇りの日だった

初めて参拝してから半年空いたり1年空いたり、もっとしばらく行けない時もあって、そんなにマメに行けているわけではないのですが、私の場合、大体が曇り空。雨の後で一層滝の迫力が激しい時が多かったです。

轟の本滝

滝の前に立って轟音を聞いていると、厳かな気持ちになって頭も心もスッキリします。

どうしてって上手く説明できないけれど、また行きたくなる場所なのです。

初めての晴れ、綺麗な虹の滝

私とは別便でちょくちょく参拝に行っている妹は晴れの日も多いらしく、綺麗な虹が見えたと報告してきたりしてました。

龍や龍神さんが写っているように見えると、撮った写真を送ってくることも。

ただ、私にはその写真も「そう言われたら龍に見えなくもない気もするけど…」くらいにしか思えず、ピンと来てなかったです。

そんな中、2017年末に妹とTZさんと他のお友達とで一緒に行く機会があったのです。

そして私としては初めての晴れの滝、綺麗な二重の虹を見ることができました!!

綺麗な虹のかかった轟の滝

龍?龍神さま?を見てしまったかも

みんなが思い思いに滝に向かって拝んだり滝に入ったりしているなか、とっても嬉しかった私は龍神さんへのお礼のつもりで、滝の前で小さな声で祝詞を奏上しました。

そうして顔を上げた時、滝の中にフッと一瞬、龍の顔が見えたのです!
※ごめんなさい、写真には写っていません。

そのお顔は非常に厳しいと言うか怖いと言うか、ドラゴンボールのシェンロンって黒目がなくてめっちゃイカツイ顔してるでしょ?あんな感じのお顔だったんです!

見えたかも&怖い顔だった、のダブルでビックリしつつ、TZさんに

「いや… たぶんその、気のせいだとは思うけど… 龍神さん?が見えたような…」

と言うと、

「本来、人は誰でも見えるんだよ。赤ちゃんとかみんな見えてるし。でも、世間の常識とかに染まるうちにその能力を閉じて行く。お姉ちゃんは(私のこと)せっかく能力が戻ってきたのに、気のせいとか言って蓋をしたらいかん。」

と、ちょっとお説教くらいました(^_^;)

「あと、龍神って全然優しい顔してないからね。怖い顔で正解。」とも。

そして

「ところで初めてここに来たときにお姉ちゃんについた龍、言うほど成長してないね。」って。

ガビーン ( ̄▽ ̄;)!なんかそれはショック。。。

そう言えば昔TZさんに「始めのうちはなるべくマメに里帰りさせてあげないと成長しないから。」と言われてたのに、全然マメじゃなかったからなぁ。。。

あともし、人としての成長に比例するのだとしたら… イヤイヤ、考えるのやめとこ(>_<)

とりあえず、車も新しくなってフットワークも軽くなったから、これからはもう少しマメに参拝しようと思います!

子育て終わりかけて20代の気持ちに戻ったこと。
子育て中は何もかも子ども中心になり、ある意味では自分らしさを少し抑える時期と言えるかもしれません。そんな中、上の子がハタチになってハタと気づくと、自分が20代の頃の趣味に戻ってた!ってことがありました。

※実際、既に1度行ってきました。曇りだったけど。。。

滝好きの人にもお勧め

特に神社好きというわけではないし、龍?龍神?そんなのいるの?という人でも、滝は大好き!マイナスイオンLOVE!って人もいると思います。そんな方にもすごくお勧めです。

一番迫力のすごい本滝の上に登る道があって、そこから先にはいくつもの滝があり、轟九十九滝と呼ばれているからです。

轟九十九滝

アラフィフの私は体力に自信がないので途中までしか行ったことないけど、噂によると最初の登り口がキツいだけで、そこから先はゆるやかで行きやすいとか。

興味と体力への自信がある人は行ってみるといいかもしれません。

ただ、山の中なので虫や蛇、サル、その他野生動物に気を付けて、装備も万全にして行ってくださいね。

あと大雨の後とか、途中の山道が崩れたりすることもあるので要注意です。冬は積雪・凍結で行けない時期もありますので事前チェックを忘れずに。

それでは今日はこのへんで。

読んでくれてありがとう(^人^) また次の不思議話をお楽しみに!

にほんブログ村 子育てブログへ

 

Twitter でコソオワをフォローしよう!

コメント