自動車保険の考察。初心者の子ども追加と私が遭った接触事故などから。

修理 仲良し家族

子どもたちが次々に自動車免許を取ったので運転者として契約に追加したらどうなるかな~って聞いてみたり、

初めて接触事故に遭って保険屋さんのお世話になったので、そこで学んだ経験を書きますね。

私の自動車保険基本スペック

初めて保険に入る時は6等級からスタートして事故がなければ毎年1等級上がり、等級が高い(数字が多い)ほど割引率も高くなるそうで、私はずっと最高の20等級でした。

免許もずっとゴールドだったけど、2年ほど前にうっかり一時停止を見落としてブルーに。ゴールド割引はなくなってしまいました。

運転者としては私と主人の2人を登録。2人とも35歳以上ということで最も割引率が高いと思います。

地方の人間は自家用車が生活の足なので、年間2~3万キロ走ります。走行距離区分はそれ以上のがなくて、16,000km~というのが適用されてます。

自動車保険はそんぽ24です。

そんぽ24自動車保険<公式サイト> - 自動車保険のお見積り・お申込み
リスク細分型自動車保険によりお安くなる自動車保険の保険料の事例やお見積り・ご契約のご案内、損害保険のオンライン見積もり、申込みを行っております。

ネット割引、長期優良契約割引、証券省略割引、継続割引ありです。

軽自動車時代の保険料

前の車は軽自動車。21万キロ走って今年廃車になりました。。。

最後の年は補償額も微々たるもんだし、乗り換えも考えてたから車両保険なしで、年間の保険料が5万円弱でした。

普通乗用車になってからの保険料

契約期間の途中でコンパクトカーに変わり、車両保険もつけて年間保険料が8万円強に。当然なんだけど「おおっ!高くなった!」と思いました。

子どもたちを足そうかと考えて

車両入替とかある程度の契約内容変更はネットの管理画面でできるんだけど、運転者の追加は電話してねってことだったので、電話して聞いてみたの。

息子は初心者マークが取れたばかりの20歳。娘は免許取ってまだ数ヶ月の18歳。

そしたらなんと!年間保険料は23万円くらいになるって!どっひゃー(@o@)!!

若者ってそんなに事故率高くて危ないヤツらって思われてるんだね。。。あまりの上がりっぷりに「ちょ、ちょっと考えてみます…」って、すごすごと電話切っちゃいましたよ奥さん(^_^;)

1DAY保険で乗り切ることに

娘は免許持ってるって言っても普段原チャリ通学で、日常的に車に乗るわけじゃないし、

原付バイクの中古を初心者なりに探して値段や保険など勉強になった話。
この夏休みに娘が自動車免許を取得し、運転もだいぶ上手になってきました。車通学はできないけど原付バイクならOKなので、通学用の中古バイクを探してみようということになったんです。全然詳しくない私と娘が原付バイクを探していろいろと勉強になったことを書きますね。

息子に至っては長期の休みで帰省して、さらに用事があったり家族で出かける時に乗るだけなので、今までそうしてきたように必要な時だけ1DAY保険をかけることにしました。

息子は先輩や友達と彼らの車で出かける時にも使ってるし、セブンイレブンの1DAY保険を使います。ネットで申し込んで最寄りのセブンで払うヤツです。

1DAY保険(1日500円の自動車保険) | セブン‐イレブンで入る保険(三井住友海上)
セブン‐イレブンで入る三井住友海上の1DAY保険(1日500円の自動車保険)なら、1日24時間の補償で500円から。運転当日でもご加入いただけます。充実のロードサービスもセット! 三井住友海上の安心の事故対応サービス付き。

基本のAプランが24時間で500円、車の補償もつけたBプランで1,500円。

さっきの年間保険料差額を割ったら、Bプランでも100回乗れるから!こりゃやっぱり必要な時だけ1DAY保険が賢い!これからもそのようにします~

人生初の接触事故

車を変えてウキウキな毎日だったのに、

子育て終わりかけて20代の気持ちに戻ったこと。
子育て中は何もかも子ども中心になり、ある意味では自分らしさを少し抑える時期と言えるかもしれません。そんな中、上の子がハタチになってハタと気づくと、自分が20代の頃の趣味に戻ってた!ってことがありました。

納車から3ヶ月経たないうちに接触事故に遭遇してしまいました(T_T)

その道は結構狭くて、車の大きさによっては所々譲り合いが必要な道。その時の状況で言うと、私のお尻の方向へ行くほど道が狭くなってました。

それでも対向車が行けるところまで前進してきたような状況で、私がもっと前進できれば相手の車も問題なく進めてたと思うけど、私の前方はこちらを向いて(つまり右側停車して)いる車と、その横に普通に左側通行でこっちへ来ようとしている車に完全に塞がれた状態。

左へ避けようにもそこは駐車場で車が止まってる状態。

前の2台がバックして避けてくれないと私も動きようがないし、こりゃどうしたもんか…と止まった状態で困っていたら、後ろから「ゴリゴリゴリ!」って超イヤな音がしてビックリ!

降りて来た相手の人が「もっと避けてくれたら良かったのに」って言うんだけど、それができないから困ってたのに、なんで進んじゃったんですか~(T_T)って感じで。。。

でもね、全然イヤな人じゃなくて、直接お会いしたのは初めてだったけど間接的な知り合いだったの。

警察を呼んだり段取りをサクサクしてくれて不安にならずに済んだし、和気あいあいと世間話もしたり、警察官にも私が止まってた話をしたし、普段は別の家族しか乗らない大型車に珍しく乗ったからこんなことにって謝ってくれて…

連絡先交換してからもお互いイヤなわだかまりが出来ないように、それぞれ自分のスマホで自分と相手両方のキズの写真も撮りましょうって。こんな縁もあるんだね~なんて、笑顔で別れたの。

過失割合の難しさ

で、保険屋さんに電話して状況を説明すると、私が止まってたなら過失ゼロですねって。ああそうか止まってたら過失ないのかと思って、そっから話を進めてもらう段取りになったんだけど、向こうの保険屋さんはそんなの断固拒否!って反応。

お互い少しずつ動いてたって聞いてるし、狭い道での離合は5:5スタートが基本ですから!みたいな。

あれ?認識変わっちゃった?と思ったし、保険屋さんに助言されてのことかもしれないしわからないけど、これでケンカになりたくないから保険屋さんに任せることにしたんです。

止まってたからってゼロとは限らない

それからすぐ後、修理工場から「キズから見てどう考えてもコソオワさんは止まってたって断言できますよ。これこれこうだから動いてたわけがない。ウチからも言うけど、コソオワさんからも保険会社に連絡した方がいい。」って電話が。

修理
※写真はただのイメージです。

世界一素直な私は(笑)そのまんま保険屋さんに伝えたし、保険屋さんから相手の保険屋さんにそのことも訴えてくれたけど、止まってたって事実を認めないのか、止まっててもあなたも悪いですなのか、とにかく10:0はない模様。

まぁ始めから保険屋さんに任せるって決めてたし言うべきことは伝えたから、とにかく結論を待ち続けて接触から約1ヶ月半。結果、細かい刻みに保険屋さん同士の努力が見える、相手83%、私17%の割合となりました。

今後の参考に、止まってても責任が発生するのはどんな場合か、逆の立場だったらやっぱり狭い道の離合は5:5スタートって言うの?とかいろいろ保険屋さんに聞いてみたけれど、結局事故は千差万別、ケースバイケースという答えで、特に参考になることは聞けませんでした(^_^;)

次の契約更新で保険料上がります

事故があって保険を使うと最初に挙げた等級が落ちちゃって、次の更新時期に保険料が上がります。私の場合3等級ダウンで5万いくら保険料が上がるっぽいです(T_T)

過失ゼロなら保険も使わないしいいんだけど、ちょっとでも過失があったらその割合が高いか低いか、使った修理代の金額が多いか少ないかは全然関係なく、等級の下がり方も保険料の増加も同じなんだって。

それなら保険屋さんは懐から出る金額だから大事かもしれないけど、過失割合で時間かけて交渉するのって私たちにはあんま意味なくない?って思っちゃいました。

伝言ゲームみたいに保険屋さん越しだから、相手の人には私が超ガンコでゴネてる面倒な人として不愉快な思いをしてたかもしれないし、なんだかなぁ。。。

でもまあいろいろ学べました

過失割合交渉と保険料のことも知ることができたし、旦那さんは「相手の保険屋の方が仕事ができるってことだったら次変えたらいいんじゃない?」なんて笑ってたし、あと、速攻でドライブレコーダーつけてくれました(*^^*)

ウチのと同じってわけじゃないけど、今はこんなお手軽価格から売ってるんだね~

とにかく、お互いケガもなく大ゲンカにもならずに済んで、これから気を付けるようになったわけだし良かった良かった。そう思うことにしてます!

そんな今日の記事も読んでもらえて嬉しいです♪
ありがとう(^人^)それではまた!

にほんブログ村 子育てブログへ

 

Twitter でコソオワをフォローしよう!

コメント