ある講演会で聴いた、意外で驚いたけど日本人なら知っておきたい話。

日本の心 自分らしく

超お久しぶりのブログ更新です!

娘はまだ夏休み中で息子も3週間ほど帰省してたので、以前に書いたこんな理由から更新を思いっきり休んでます。

ブログのことを家族に内緒にしている理由。実は私だけじゃないかも。
このブログを始めて2ヶ月ほどが経ちましたが、実はブログを書いていることを家族に言ってない私。あれ?仲良し家族じゃないの?なんで秘密?って感じですが、今日はその理由を書きます。

ただ今日はたまたま、みんな留守の時間がゆっくり取れたので更新しますね♪

ある講演会で聴いた、シェアしたい話

先日、ある講演会に行ってました。

内容は日本の歴史や古事記と聖書の読み解き方など盛りだくさんで、笑いあり涙あり感動ありの素敵な時間、参加して良かった~♪って思ってます。

話が多岐にわたるので細かく紹介するのは難しいんだけど、みんなとシェアしたいエピソードをひとつだけ紹介しますね!

外国人から見た日本

講師のAさん(60代男性)は、Kさんという評論家(80代男性)に前々から憧れていて、今年ようやく会う機会を得たそうです。以下はその時にKさんから聞いた話だそうです。

Kさんには歳も近くて仲良しのいとこOさん(女性)がいました。

たぶん子どもの頃から大人になってもずっと付き合いがあったんでしょうね。Oさんが結婚したイギリス人男性Jさんとも仲良くなり、親友になったそうです。

伊勢神宮で神道の話

いとこのOさん夫婦は基本的には海外暮らしなのかな?たぶん日本に来てた時に、Kさんが伊勢神宮へ案内する機会がありました。

伊勢神宮・瀧原宮

独特の清浄な空気・空間は海外の人でも何か感じるものがあるんでしょうね。

イギリス人のJさんは「ここは一体何?どういう場所なんだ?宗教施設なの?」と興味津々で聞いてきたそうです。

「教祖・経典・戒律のない神道を宗教と言うのかどうかは難しいとこだけれど…」

と前置きしつつ、Kさんはなるだけ理解してもらえるように神道について説明しました。

その話を聞いて感銘を受け、「日本の心」を深いところから理解したJさん。

英語は「私は」「私が」と必ず主語が要るのに対して、主語を省略しても成り立つ日本語の意味を知り、一番好きな日本語は「おかげさま」だったそうです。

日本の心・神道の心を歌に

そんなJさんはミュージシャンだったので、Jさんから見た日本の心・神道の心を歌にしました。

Imagine there’s no Heaven
It’s easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today…

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって…

Imagine there’s no countries
It isn’t hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって…

You may say I’m a dreamer
But I’m not the only one
I hope someday you’ll join us
And the world will be as one

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
きっと世界はひとつになるんだ

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって
想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって…

You may say I’m a dreamer
But I’m not the only one
I hope someday you’ll join us
And the world will live as one

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって
そして世界はきっとひとつになるんだ

管理人(デイオフィス)の音楽室 Imagine和訳ページ より ~

そうです、Jさんはジョン・レノン、Oさんはオノ・ヨーコさんなんです!

いとこのKさんは加瀬英明さんという方だそうです。

ジョンレノン

おばたんとは言えビートルズ世代よりは若い私、ジョン・レノンのこともあまり詳しくありません。

平和を愛したミュージシャンで、頭のおかしなファンに命を奪われてしまったんでしたっけ… そのくらいしか知らない私も、イマジンは知ってます。

ただ歌詞、まして日本語訳なんて細かく覚えてるわけじゃなかったので、このお話を聴いてからしみじみ読んでみた次第です。

実家が神道だった私、確かに「こうしないと行けない!」と示された天国、「こんなことしてたら墜ちるよ!」と示された地獄、そういうものは一切ありませんでした。

神社で名付けしてもらった私が、その宮司さんを大尊敬している理由。
いつも心のどこかに居て思い出すと温かい気持ちになったり、自分の考え方に大きな影響を与えていたり、心の支えになったりしてくれる存在っていますか?私にとって一番のそれは父、次はおじいちゃん、そしてその次は親戚でも何でもない、ある宮司さんなんです。今日はそんな話を書きます。

こんな風におおらかに形にこだわり過ぎずに、ありとあらゆるものに感謝し思いやる気持ちの大切さを教えてもらった気がします。

講演会講師のAさんも、「日本人はイマジンが日本の歌・神道の歌だと言うことを知らないんです。ぜひ多くの人に知ってもらいたいですね!」と言ってました。

それを知ったうえで、もう一度イマジンを聴いてみましょう。

優しく、あったかく、素敵な歌ですね!

そんなお話をシェアして、今日の記事はここまで(*^^*)

今日もあなたに読んでもらえて嬉しいです♪
本当にありがとう(^人^)それではまた!

にほんブログ村 子育てブログへ

 

Twitter でコソオワをフォローしよう!

コメント